誠設計のこだわり

変化を考える

変化を考える

家は、何十年という長いスパンそこにあり続け、その間
家族も、家も、街も刻々と変化していきます。
家を考えるとき、今だけでなく、十年、二十年、三十年後を想定し、
楽しみながら変化していかれるよう、「余白」をもった計画をする必要があると考えます。

可変性をもたせる
家をつくるときの家族構成がそのまま合うのはほんの数年。家族はどんどん成長し、変化します。
その成長・変化に合わせて、間仕切りたい、広げたい、減らしたい、などその時々で様々な要望がでるはずです。ですから、湯本建築設計では、造り込みすぎず、家族の成長に合わせて容易に変化し一生を添い遂げられるフレキシビリティをもたせる提案を旨としています。
それは、結果的に家の長寿命化を後押しすることになるはずです。
経年変化を楽しむ
家は、年月を経るほどに変化します。
私たちは、「経年」に敬意を表し、価値を見いだしてきました。「経年による変化」が、劣化でなく「深い味わい」と評価されるには、素材とデザイン、そして住まい手の愛情ある手入れが欠かせません。それには、住まい手がより愛着を増し、手入れをしたくなる・手入れができる設計デザインであることが大切です。
家は、完成したときがその歴史の始まりです。
やがて何十年と年月を経たとき、価値のある変化を遂げた我が家をもう一度眺めてみませんか。